« ドイツから帰国 | トップページ | 機内食・・・DMミール »

空港セキュリティチェック(インスリンポンプ)

今回の旅行は、ドイツ6日間

DM関係の持ち物

●インスリンポンプ (旅行前日に交換済み)

●測定器セット(チップ7回/1日分、針3つ/1日、アルコール綿)

 針は飛行機で使用する分以外はスーツケースに。

●インスリンポンプ交換セット 1セット+予備1セット

 1セットは手荷物、1セットはスーツケースに。

●インスリン 残り30ml(300単位分)入ったバイアル瓶

 常温でも問題ないらしいので、旅行中は常温で

●予備の注射 ヒューマログ1本、ヒューマリンR1本、針

●ブドウ糖大量、補食用のお菓子

●海外用のDMカード

●インスリンポンプ使用中である事の証明書(ネットで調べて自分で作ってみた。)

●インスリンの説明書

●DM関係でよく使用する言葉やフレーズのドイツ語訳

一部以外は全て機内持ち込み手荷物に。

チェックインカウンター

今回は日系の航空会社を利用しました。インスリンポンプ使用とインスリンの持込みを事前に申告しておきました。

往路:伊丹~成田、成田~フランクフルト

復路:フランクフルト~成田、成田~伊丹

チェックインは、往路の伊丹と復路のフランクフルトと成田で。

伊丹と成田では、色々聞かれました。

インスリンポンプのメーカー、常時電源がONになっていて飛行機に影響ないのかどうか、電源は電池をしようしているのかどうか。

実物を見せてくださいと言われたり。

成田では、搭乗口で待っていると名前で呼び出しされて、再度質問責めに・・・。

その点、フランクフルトでは、ポンプを使用している確認をとっただけでOKでした。

やっぱり、ポンプや1型DMの認知度の違いなのかと思いました。

出国時のセキュリティチェック

特に問題なし

自らポンプの申告やインスリンの申告はしなくて、かばんの中に入れたままチェックに通しました。

何か言われたら、証明書やカードを見せようと思ってたけど、何もなかったです。

フランクフルトで、パパリンとママリンは抜き打ちの個別チェックにつかまってましたが、姉さまとゆみうさぎは運良くスルーでした。

注射との違い

昨年、イタリアに行った時は注射だったけど、荷物がだいぶ減った~!

注射は、ランタスとログとRの3種類で、使用する分と予備を持っていてたのですごい荷物になってた。

すごく楽だった~^^

その時はイタリアの航空会社を使用したけど、どの航空会社にしろ日本でのチェックインが厳しいけど、現地ではそんなに聞かれない。DMの認知度に関係していると思う。

イタリアの航空会社の場合、申告していたのに、復路便では忘れられたし・・・

ちなみに、イタリアに行った時の大量の注射を機内持ち込みしたけど、インスリンをCA預かりにするかどうかというのは、担当のキャプテンが決定するらしい。

手元に置いておきたくても、厳しいキャプテンの場合、CAに預けないといけないらしい。

その辺は、航空会社によって違うみたいだけど。

インスリンを手荷物で持ち込めない航空会社もあるらしいけど。。。

スーツケースに入れると凍結したり、強いX線あてられるからインスリン使えなくなるし。

にほんブログ村 病気ブログ 1型糖尿病(小児糖尿病)へ
にほんブログ村

|

« ドイツから帰国 | トップページ | 機内食・・・DMミール »

旅行」カテゴリの記事

コメント

そうなんだ~
そのうち海外旅行もしたいと思っているので、とても参考になります

最近は手荷物の大きさも制限されてるから、手荷物をコンパクトにする技も必要ですね

投稿: はな | 2010年3月19日 (金) 23時27分

>はなさん

そうなんですよね~手荷物の許容も小さくなっててびっくりしました!!(今回初めて知ったんですけど)
ハンドバックと、大き目のかばんを持ちこみました!

投稿: ゆみうさぎ | 2010年3月20日 (土) 10時32分

インスリン、CAに預けるって、どういうことーーー

意味不明・・・

こういうところも理解が深まるといいのにね 

投稿: そら | 2010年3月23日 (火) 11時02分

>そらさん

インスリン預けるのは注射の場合だけだと思いますが、預けてしまうと、ちょっと高血糖でもいちいちCA呼ばないといけないし、食事の都度持ってきてもらうなんて煩わしいですね。
私たちの命でもあるインスリンを他人に預けるなんてできないです。。。
預かるって言われた時の言い訳とか理由とか色々考えてましたけどね・・・自分持ちにできて良かった

投稿: ゆみうさぎ | 2010年3月23日 (火) 16時10分

私も同じくらいの時期に1型糖尿病と診断され、おととしからメドトロニック社のインスリンポンプを使用し始めました。
以前、韓国出張に出たときに、帰りの韓国の空港の保安検査でポンプとトランスミッタが本体が、x線やボディースキャナーを通せない事を伝えたところ、そういったものは保安検査を通すことはできない。と足止めをくらいました…^^;
最終的には、今回だけだから。と渋々通してもらったのですが、来月、急遽海外出張しかもヨーロッパに出ることになったので焦ってます。。。出張なので、少しでも安く行く為に、航空会社も他部署の上司がギリギリまで吟味するみたいで…どこかで乗り継ぐのか…
保安検査、どのように通過されてますか??
不安で不安で…

教えてください(TOT)

投稿: ゆきこ | 2018年1月16日 (火) 11時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 空港セキュリティチェック(インスリンポンプ):

« ドイツから帰国 | トップページ | 機内食・・・DMミール »